会長紹介

龍魂会 初代会長

竹山晴友

師の大山倍達総裁と

竹山晴友(タケヤマハルトモ) プロフィール

1958年(昭和33年)生まれ。鹿児島県奄美大島出身。

20歳の時に上京し、大山倍達館長(当時)の内弟子となる。同期に14人入寮したが、3年後には2人しか残らなかったという厳しい修行に耐え、卒業後はオーストラリアに指導員として派遣される。

帰国後は本部指導員を務め、清澄山、三峰山にて山ごもりを行う。第16回全日本空手道選手権大会で準優勝。その翌日、ムエタイへの挑戦のため、小さな巨人と呼ばれる大沢昇先生に弟子入りする。

キックデビュー以来、連続ノックアウトの記録をつくり、日本チャンピオンとなる。その後ラクチャートなどのムエタイチャンピオンと対戦し、勝利する。

大山倍達総裁が晩年、『一番極真魂があった弟子は?』との質問を受けた時に「それは竹山晴友だよ。気迫が違ったよ」と答えたのは今でも有名な話である。

竹山晴友は大山倍達総裁と大沢昇のDNAを受け継ぐ真の武道家として、後進の指導にあたっている。

Copyright © 真武術 龍魂会 All Rights Reserved.