オルタナスタジオについて

今から2年半ぐらい前に書いた文章ですが、初心に帰るため掲載です。

自分の稽古場所が欲しいと思い始めたのは1年ぐらい前だとは思うが、本格的に物件を探し始めたのは今年の7月くらいか。不動産屋から情報が来るたびに一軒一軒虱潰しに見ていっていたのだが、どうも「これだ!」という物件がない。問題はつまり、天井の高さだ。通常の造りをしている部屋は天井の高さがだいたい2メートル50センチほどで、剣を振るには最低でも2メートル60センチ以上はないと天井を斬ってしまうことになる。案の定、オルタナエンターテイメントの事務所の天井は幾重にも斬られた刀の斬り筋があるし、自宅に至っては天井こそ斬りはしなかったが、天井に装着されている火災報知機を斬ってしまい、2万円もの弁償金を支払うはめになった事もある。結構、色々な所で素振りしてるわけだ。

私が居合道を教わっている和田喜四郎先生は、「天井が低いなら低いなりに斬れ」とおっしゃられる。つまり『剣先まで己の感覚を行き渡らせろ』と言う事なのだろうと私なりの解釈をしているわけだが、まだまだ未熟の私には天井の低さは致命的だ。

天井の高い物件などというものは、何かその目的があって天井を高くしているのであって、通常の建築基準で建てられている建物で天井の高いものは皆無だろう。せいぜい、地下室とかぐらいか。

まあ、そんなに急ぎの話ではないし、いい物件があるまで気長に探そうという感じでいたわけだ。そんな折、十何軒目かに出くわしたのが今回の阿佐ヶ谷の物件、そう、今オルタナスタジオが入ってる場所なのだ。ここは内見して一発で気に入った。まず天井が高い。2メートル70とまではいかなかったが、それに近い高さ。剣を振ってもほぼ大丈夫だ。そして床が最近では中々見ない材質の素晴しいフローリング。大家さんから話を聞いたら、そもそもこの場所は野中まり子さんという女優の方の自宅で、地下は野中さんが主宰していた俳優養成所『野中塾』の稽古場だったという。さすが、威厳というか歴史というか、そういうものを感じさせる雰囲気があった。磁場というか、そういう運気のようなものも感じた。私は結構、霊感が強いのでそういうことを感じることが確かにあるのだ。いつもは薄ボンヤリとしているオッサンを演じているが、人生の極め時にそういう能力を発揮するわけで、こういう事は今までにも何度かあった。

まあ、とにかく10月1日からめでたく入居できて、11月に入ってもオープンまでの作業に忙殺されていたわけだが、1カ月以上の準備期間を得て、今ようやく陽の目を見ようとしている我がスタジオであった。

さて、ここの場所はまさに私の稽古場としての機能を持つわけだが、色々な需要もあるだろから信頼のおける人になら空いている時間は貸そうと決めていた。さすが己の稽古のためだけにスタジオの家賃を払うほど私は御大尽ではないのだ。もちろん会社で運営しているので多少なりとも必要経費ぐらいは…、税金のこともあるから、できれば多少の利益も出ればいいやという考えだ。

場所は押さえた。システムも構築されつつある。それでは次はその中身だ。つまりコンテンツだ!ここで龍魂会が登場するわけだが、そのことに関しては次回書きます。

 

 

コメントする

Copyright © 真武術 龍魂会 All Rights Reserved.